えっそれって本当ですか??

これは職場の二人と話をしていて驚いた事です。
職場先生の一人は旦那様のお父様のご兄弟が90歳で亡くなったので葬儀に参列して事、その際喪服を着るのに太ってしまってファスナーを止めるのに30分掛かって大変だった事、久しぶりに親戚に会った時掛けられた言葉がお元気そうねと言われた事、その方はいや~ぁ太っちゃってと返事をした事。
久しぶりに会う親戚や知人がお元気そうねと声を掛けるのは裏があるのねと話をして前日を終えました。
この話をしているともう一人が表れます。
この話をもう一人にしながら、喪主の挨拶が立派だったさすが元校長先生と言っていたのですがここからが私が驚いた疑問な会話になります。
後で現れた一人が今って喪主は挨拶しないじゃないですか??私はえっそうなの??普通例えば私の実家で例を上げると父親・母親・私・弟・妹の元家族ですから、万が一父親が亡くなった場合喪主が母親で施主が弟ですが挨拶するならば弟がするものと思っておりましたし私も何度か知人や親せきの通夜に参列していますから家族が高齢だった場合等は息子が挨拶するのが普通であると思っていましたし、職場の先生もえ~ぇ違うでしょちゃんと喪主が挨拶するでしょうにと私と同じ意見なのですが、その方が言うには葬儀屋さんが喪主に変わって挨拶をするのが今は普通だと言い張る。
この方は私より10歳も年上で、私はこの話を母親にしましたが私が思う事は間違っておらず、葬儀屋さんに頼む事は出来るだろうがそれが普通と考えるのはおかしいんだよ、頼んで葬儀屋さんが喪主の変わりに挨拶をする場合は喪主に成り変わり。。とするはずでこれが普通と思っていては後で恥をかくから信じてはいけないと言われました。
私は何を根拠にそう言ったんだろう??普段肝心な事を話したがらない変わった方なのですが、相当の自信があったのでしょうね会話に入って来るくらいでしたから、そう言いきれる自信はどこからくるんだろう??
マジックボイス

アンチエイジング

テレビや雑誌にまるで呪文のように毎日見たり聞いたりするアンチエイジングという言葉はみんなが知っています。
私もその一人だと思っているんですが、はたして何歳からがアンチエイジングなのかなと思っています。
サプリメントや食事、化粧品など相当の数の商品が溢れています。
みんなよく思えてついつい購入してしまいます。
まるで暗示をかけらているような感じなっていませんか?
効果が出るのは早くても2~3か月位だと思っているのですが、使い終わる前に新商品を買ってしまったりすることも何度かありました。
いかにも効果があると思わせぶりのキャッチコピーや綺麗なモデルさんなどに自分を重ねてしまうのでしょう。
結構お金もかかり,かけた割にはイマイチ結果が感じられていなかったりするのは私だけなのかな。
テレビで、栄養学の先生が人参ジュウースを飲んで色白になり、シミが消えてしまったのですが飲み始めて3年とのことです。
時間とお金と根気が必要なんですね。
私のようにコラーゲン、ヒアルロン酸、ツバメの巣、高麗人参など、手当たり次第ではダメなんだなあ。
コツコツと続けてこそ結果もついてくるものなのかな。

ぎっくり腰ってなに?

私は今までに5回ほどぎっくり腰になったことがあります。
西洋のことわざに「魔女の一撃」と言われていて、まさに、その通りだと思います。
医者に行っても、[これは、日柄ものですから安静にして下さい}と言うだけで治療方法がないんだよね。
あの痛みは、実際にやった人でなければ解らないと思うなあ。
一番楽な姿勢は、何もせず真っ直ぐに立っているのが一番楽という最悪の状態です。
痛くて動けないし泣きたい気分になります。寝返りは打てず、ベッドから起き上がるのに時間がようやっと起き上がれるのです。
こんなに医学が進んでお薬も色んな薬があるのに治せないぎっくり腰って不思議ですよね。
それでも主婦はがんばちゃうんだな。家族のために必死に動こうとするんです。
女は痛みに強いんだろうか?
今、我が家では義母がぎっくり腰になっています。
高齢の為凄く辛そうですがこればかりは見守っているしかないのです。
義母は寝返りが打てず寝れなくてあの手この手で痛みを楽にしようと必至に試みています。
今年もあとわずか私も、ぎっくり腰にならないことを祈っています。

お墓参り

今日は、息子夫婦とお墓参りに行くことにしました。
お寺に行くと次々と、檀家さんが手土産を持って住職さんのお宅へ伺っているところでした。
お寺の奥さんは、座ったままの状態で大変そうでした。
お墓の掃除は、家族みんなで来ることができませんでしたが何とか30分ほどで完了し、観音様やお地蔵さんにもお線香をあげました。
ふと、気づいたことがあり、お墓の所々に空き地があるのです。
最近のお墓事情に要ると、高齢のためお墓参りができないとか、子供がいないので永代供養する方が結構いるそうです。
お墓に近い方は掃除にも来ることができますが、遠方の方は中々来れないのが実情です。
また、こんな話もあるんですが、夏のお盆の時、住職があまりにも早く訪れたので、理由を聞いてみました。
指定時間に,檀家さんの家に行くと、なんと{結構です」と断られたらしいのです。
3件の檀家さんが、お盆のご供養はしなくてもいいというのです。
玄関先で断られたのです。
そんな話を初めて聞きましたし断られた住職も気の毒に思えるのです。
経済的な理由でもあったのでしょうか?
よく戒名を立派にするとお金が高くなるとも言われているし一度決まった金額は下げることはできなし、あと残された人達が大変ということなのですね。
ここらで一度法律みたいに、改正することも必要なきがするなあ。

スッキリしない気持ち

一年に2回ほど仕事の関係で会う友人がいます。
年齢は50歳から70歳ぐらいの女性ですが、5,6人でお茶をすることになりました。
話題は時計の話になり、1人が電波腕時計をもっていました。
値段は6万円ぐらいだとおもうのですが、凄く便利そうな話ぶりでした。
「電池交換もいらないし正確だしいいなあ 私も今度、電波時計にしようかな」と言ったとき1人の友人がこんなことを言いました。
「私の時計は 修理すると8万円かかるのよ」思わず内心、8万円なら新品の時計が買えると。
普段は時計を持たない私はその日3000円の時計を身につけていて、思わずこれ3000円だけど凄く使いやすいし、正確だから気にいってる。
そしたら、言われてしまいました。
「いい物を身に着けると、自分に自信がつくのよ」ほんとかよ。
それって、自己満足なんじゃないのかなあ 金持ってますって思われたいだけでしょ!
ブランド品持つと意識や立ち振る舞いが変わるのか!
ブランド品は確かに素晴らしいと思うし憧れているのも事実だが、持つだけで人格まで変わるとは思えないですよね。
家に帰って来てから無性に腹立つわあ。
メディプラスゲル 楽天

いろいろなプレゼント

我が家には6歳と4歳になる男の子の孫がいます。
やんちゃで食べ盛り、すぐにお腹が減ったとか、何か飲みたいとかそんなことばかり言っています。
おかげで、家の中は、おもちゃ、食べ物、などが散乱しているので、少し憂鬱になる時があります。
この孫が面白いことを私達に言いました。
確か12月の始めだったと思うのですが、サンタさんにクリスマスプレゼントの手紙を書いたと言うのです。
少しはやすぎるかなと思うのですが「おばあちゃんもクリスマスプレゼントを早く頼んだほうがいいよ」と言うのです。
サンタさんは忙しい人なので、早く頼まないとプレゼントが貰えないと言うのです。
頼めばもらえるなら、とっくに頼んでるだろうが、ありえないと思ってるのでお願いは今後もしないつもりです.
2人の孫のプレゼントは6歳の子には雪見遠足の時に着るスキーウエアを4歳の子には洋服をプレゼントしました。
値段が結構しまして、仕方ないとは思いますがこれもまた婆ちゃんの役目と思うしかないのかと。
プレゼントを贈ることはあるが贈られることがあまりないような気がするしもらっても、なんかたくらんでるのかな、なんて思う自分がちょと哀しい。
期待しないけど、もしもらえるなならカルチェの財布が欲しいし外国人アーチストのライブコンサートチケットが欲しい。
無理だろうから、自分で買うことにしようか、それとも神頼みの宝くじ当選かどちらかだろうな。

胃カメラ検診結果

毎年健診でポリープがあり観察するようにと言われて恐る恐る病院へ行きました。
二十歳のころ、一度体験がありましたがその頃に比べたら信じられない程の進歩にビックリしました。
喉を広げるためなのか麻酔なのかよく分からないが薬を飲んだら、ちょと違和感があったけど、麻酔を注射されて気づいたら終わっていました。
痛くもかゆくもなく気持ちよく寝てしまったのです。
ええーもう終わりなの カメラはいつ入れたのかなあ。
少し麻酔が残っていたのでフラフラしてたけど、あとピロリ菌の検査をしてもらったけどこれもまたビックリ風船みたいなものに息を入れてお終い。
もう驚くことばかりこんなにも医療が進んでいたとは思いませんでした。
大きい病気をしたのは4年前に肺癌でしたがこのときも凄いと思ったけど胃カメラも凄いと思った。
もし「がんです」なんて言われたらどうしようか、なんて思いながら一週間が過ぎその時がやって来て一時間ほど待たされ、名前を呼ばれ診察室へ。
「ご安心下さい、良性のポリープなのでガンにはなりませんと言われて本当に嬉しかったなあ。
気持ちよく新年を迎えることが出来そうです。
b-up 楽天

日頃あまり鏡をみないと

まあ恐ろしいことに気付いてしまう。
以前は前歯の着色汚れに気付きゾッとした。
歯医者に行かなければいけないかと思ったが、ネットで調べたところステイン除去の歯磨き粉が良いとのことで試したところ、数日で綺麗に消えてくれホッとした。
ここ最近とてもショックだったのが、小鼻の黒ずみが酷かった。
毛穴は割と目立つ方でオイリーな上に乾燥もする混合肌である。
毛穴の黒ずみは、化粧などが落ちていない汚いものと思っていたので、洗顔は念入りに朝と夜にしていたけれど、毛穴が黒い…。
自分の顔が汚いことにとにかくショックで焦る。
ここで又ネット情報を調べたところ、黒ずみは皮脂の酸化で起きるということ。
顔の洗い過ぎや、乳液などの油分の与え過ぎも良くないと書かれていた。
寝る前には話題のクリームでたっぷり保湿していたが、それがかえってダメだったのかもしれない。
そちらはハンドクリームとして愛用し、早速化粧水だけで保湿するようにした。
洗顔も夜はしっかりメイクを落とし、朝はぬるいお湯だけで洗うようにしたところ、数日で酷い黒ずみは消えてくれた。
冬場は乾燥するのに、今では乳液いらずで、化粧後の鼻のてかりも殆どなくなった。
情報が錯そうしている昨今だが、ネット情報は大変便利な味方である。
ニキビ肌にも言えることのようなので、子どもが年頃になったら教えてあげようと思っている。

収入だけを見てはいけない

夫も私も色々な仕事をしたことがある。
お互い現在それ程高収入でもなく、過去の仕事の方が収入が良かったりもする。
今の仕事を選んだ一番の理由は、勿論仕事の内容なのだが、もう一つメリットがあった。
お互い制服のある職場なので、先ず私服にお金をかける必要がない。
休みの日に着たい服を買うだけでいいのだ。
せいぜい、夫の制服の中に着るシャツや冬場の防寒着くらいだ。
そして、夫は仕事上の付き合いが全くと言っていいほどない。
休みが人によって違い、出勤時間も違い、同僚と一緒に過ごす時間は殆どないからだ。
食事を取れる時間もまばらだから、お弁当の方が重宝し外食の必要もない。
スーツを買う必要も買い替える必要もない。
飲み代にかかるお金も必要ない。
昼食もお弁当で済む。
これだけ揃うと、本当におこづかいが少なくて済むのだ。
一般的な手取りの一割以下で済ませて貰っている。
私も前職はこ綺麗なオフィスで高時給で働いていたが、ジーンズやスニーカーを穿いていくわけにもいかず、季節ごとに何着か服を買い揃えていた。
結局、服飾代がかかるのである。
オフィス街だったので、車で通勤してしまうと駐車料もバカにならず、家からも遠いので時間も無駄だったかもしれない。
今の職場は車で10分で、駐車場もある。
稼いでも必要経費が多ければ、結局収支に差は出ないのである。
普段着ないような服ばかり買っていたオフィスワークよりも、ちょっと可愛いカジュアルな服を選べる今の方が楽だなあと思ってしまう。

オシャレとは何か?

奇抜な恰好をしてオシャレを豪語する人もいるが、シンプルな恰好を好む人から見れば滑稽にも見える。
どちらがオシャレなのかと言うと私には判断がつかない。
そんなものは価値観の違いだと思うからだ。
最近子どもが大きくなってきて、母親としての立場もあり、何を着れば良いのかよく分からなくなっている。
取り敢えずオフィスワークを辞めて、制服のある職場なので着替えやすいラフな恰好ばかり好んで着ている。
女性らしい恰好をするのは、専ら夫との外出の時くらいだ。
けれど、本当は一昔前に可愛い服を着たい気持ちもあるのだ。
子どもがいても若く見られる分、長い間可愛いらしい服を自由に着ていた。
段々とやめるようになったのは、子ども達が小学生になった頃からだ。
保育園への送り迎えもなくなり、体重が増えたことも一因かもしれない。
地味でオシャレでラフな服なんて、都合のいいものは中々あるわけがないのだ。
もしも、私に突然好き勝手に使える資金があるなら、どこか遠くの誰も知らない田舎へ旅行し、そこで本当に着たい可愛い服を着てみたい。
二度と会うか会わないか分からない人の前では、恥も外聞もないだろう。
結局人は他人の評価を気にしながら、ファッション誌を見て流行を研究するわけで、オシャレと言う言葉自体ナンセンスに思えてくるのだ。
他人が変だと思っても、気持ち良く好きな服を着れる人が一番幸せそうだなあと勝手に想像している。